本文へ移動

【業務内容:成形課】

成形品量産

成形工場 (japan)
【成形工場 (japan)】

成形品や組立品に対する様々なニーズに対応
する為に射出成形機・組立ラインを完備してい
ます。

成形品の大きさや樹脂の種類また外観使用部品
等を考慮して成形機 (取り出し機含む) の選定
をします。

量産過程で万が一不具合の兆候が見られた場合
は変更可能な許容値内での成形条件の変更をも
施します。

また物理的な不具合については金型修正依頼書
を発行し、O/H・修正・部品手配・金型設計の
見直し・材質変更など迅速に対応します。

これが当社の ONE STOP SOLUTIONS として
自社でパーツを制作するがゆえの強みです。

また成形工程のFA化を推進し、生産性向上を
図ると共に、治具工具の開発やフレキシブル
な生産体制で幅広い対応力を発揮しています。


射出成形加工とは

成形工場(China)
【成形工場 (japan) 】

射出成形とは金型内に可塑化溶融したプラスチックを
高圧且つ高速で金型内に射出することで、複雑な形状
のプラスチック部品を精密且つ大量に生産できます。

プラスチックには熱可塑性熱硬化性樹脂があります
が当社では熱可塑性のプラスチックを用いて狭ピッチ
のコネクターや工業用品に使われるコネクター
また自動車に使用される車載品・微細なスイッチ関係
と幅広く製品を生産しています。



成形課:(FANUCゾーン)

成形工場(FANUC)
【成形工場 (japan)】

温度変化よるバラツキが出にくい電動成形機を
95%以上確保し、安定成形を目指しています。

このラインでは比較的小さな成形品を成形し
ています。

静電気が発生する製品については、除電装置
を設置し、金型上面より除電エアーを吹きか
除電すると共に2度押し対策としています。

さらに内袋は除電処理された袋を使用し静電気
を除去後、製品をコンテナへ格納しています。


成形課:(FANUCゾーン)

【成形工場 (Japan)】

成形品を成形し、首振りロボットにて自由落下させる
傷が付く恐れが往々としてあります。

特に外観重視のアイテムは傷が付けば外観不良となり
良品が取れない状況となります。

その場合トラバースにて製品を吸着または吸引により
製品を取り出し、コンベア上に排出します。

コンベア上で十分な冷却時間をとり、冷えた状態の
製品をコンテナに格納していきます。




成形課:(FANUCゾーン)

成形工場(FANUC)
【成形工場 (japan)】

製品に傷が付きやすいアイテム、または傷が厳禁
なアイテムにつきましてはトラバースにて吸着・
吸引させ、コンベア上に傷がつかない様 製品を
取り出していきます。

大きめの製品については、コンベア上にエアー
電動ファンを設置し、強制冷却状態を作り傷が
つきにくい状態にしていきます。




成形課:(FANUCゾーン)

成形工場(FANUC)
【成形工場 (japan)】

【埃厳禁の製品について】

コンベア上で埃が製品に付着しないように除電
ファンを組み込み、カバーを制作し埃対策とし
ています。


成形課:(SUMITOMOゾーン)

成形工場(SUMITOMO)
【成形工場 (japan)】

温度変化によるバラツキが出にくい電動成形機を使用
し、コネクターの中でも比較的大きめの製品をこの
ラインで成形しています。

全成形機について当社では 3点SET交換管理表
を活用し、年1回の点検確認及び交換を行って
おります。

シリンダー測定も自社で行っており、シリンダ
ー摩耗の状況によりシリンダー交換時期を検討
し購入予定を立てていきます。

最近の樹脂については腐食性のガスが発生する
ものが有り、短いスパンでの交換も必要になっ
てきているのが実情です。

色々な諸問題に真摯に向き合い、安定成形を
目指すところです。



成形課:(NISSEIゾーン)

【成形工場 (japan)】

大きな金型を成形する場合には(110t~140t)
の機台を使用します。

1ヶ月のうち7日くらいはインサート成形
も行います。

基本インサート成形は縦型成形機のロータリー
テーブルを使いますが横型でも十分可能です。

ボルトやナットを金型内にSETして成形して
いきます。

実はこの作業は人がつきっきりで成形が必要
なので大変な作業のひとつです。



成形課:材料保管マップの活用

材料保管マップ表
【材料保管マップ表 】

何処に何の材料が保管されているのか、また端数材は

何処なのかがひと目で分かる様に材料保管マップ表

を材料倉庫の入り口に掲示・随時更新しています。







成形課:材料倉庫

材料倉庫風景
【材料倉庫 1】
量産実績が有る材料種類
ABS・LCP・PA46・PA4T・PA66・PA6T・PA9T
PBT・PC・PEEK・PET・POM・PPA・PPE・PPO
PPS・SPS・TEEE・他



#上記の他 試作等では多種多様な樹脂の使用実績
有りますのでご要望が有ればご相談ください。
材料倉庫風景
【材料倉庫 2】



成形課:材料搬入時の補助器具の導入

マッスルスーツ
【マッスルスーツ 】

材料搬入・移動時には材料担当者の腰に負担が
かかります。

当社では少しでも担当者の負担を減らすべく
マッスルスーツを導入し、作業中は装着し出
来るだけ腰の負担にならない様配慮しています。




材料運搬移動時の補助器具の導入

電動台車
【電動台車 1】


材料倉庫からの材料移動については電動台車
を導入し、全方向に電動で走行させる事で
移動時の負担を軽減しています。

特に動かし始め、停止時に負担がかかります。

またOFFにすると自動でブレーキが掛かり
手を離したら暴走する事も有りません。

坂道でも容易に止めることが出来きかなり
負担が軽減されています。




電動台車
【電動台車2 】




フォークリフト導入後はフォークリフトと併用し使用


環境に優しい電動リフトを導入

電動台車
【電動フォークリフト導入】

工場のスペースの関係で長年保留し
ていたフォークリフトですが環境に
優しい電動フォークリフトを導入し
ました。

トラックからの荷下ろし等パレット
運搬が出来るようになり利便性が
上がりました


すでに資格がある人だけではなく、資格制度
活用し課員が運転操作出来るよう計画推進中です。


成形課:金型保管ゾーン 1

金型保管ゾーン 1
【金型保管ゾーン 1 (japan)】

このゾーンはメーカー別に金型が収納されており、
金型には金型名称・他、重要な内容を記入したタグ
が金型と棚にマグネットが貼られています。

保管場所は計4箇所あり、何処にどのメーカの金型
が有るのかが解るよう 金型保管ロケーションマップ
番地管理されています。




成形課:金型保管ゾーン 2

金型保管ゾーン 2
【金型保管ゾーン 2 (japan)】

地震対策に配慮し、金型ラックにはそれぞれ
アンカーが打たれ倒壊を防止しており、金型
が飛び出して金型破損・人災が無い様 柵を
設けています。

またこちら棚には近日成形予定のものや、
O/H・修理が終わった物が格納されています。

また埃対策としてビニールのカーテンを付け
て対応しています。


成形課:ASSY工程

【ASS’Y工程 (japan)】

成形品と成形品を組み合わせて1つの製品
にするASS’Y工程です。

OEM製品として現在2台が稼働中です。

ASS’Y機にて組み上げ、数量カウントし袋詰まで
を行っていきます。

その後、袋数を確認しながら梱包作業を行います。

ダイレクトゲートなど後処理が必要なアイテムや
アニール処理・なども組立工程で対応しています。



成形量産品の過去実績サンプル

PC関連コネクター関係
比較的に大きな成形品
中物・小物・成形品
フープ成形とASSY品
フープ成形品
フープ成形品2
極小成形品

大物成形品

車載品関連

中物・小物・成形品

ジャック
ギア
スロット
プレイヤー

フープ成形とASSY品

フープ成形品とASSY品

フープ成形品

フープ成形品の各種 1

フープ成形品2

フープ成形品の各種 2

極小成形品

当社で一番の極小成形品
2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2024年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
(鳥栖・上峰工場 日勤カレンダー)
  • ★夜勤者は4勤2休 2交代
三鷹精工株式会社  佐賀事業部

〒849-0124
佐賀県三養基郡上峰町堤1938
TEL.0952-55-8510
FAX.0952-55-8511
8:30~12:00  / 12:50~17:30
 
TOPへ戻る